大腸がんは未然に予防しよう|生活習慣の見直しが肝心

ナース

早期発見で完治

お腹を押さえる人

大腸がんは、早期発見が出来れば転移もなく大腸内視鏡でオペが出来るがんです。そう考えると、定期的に検査さえ受けていれば、怖くないがんと言えるのではないでしょうか。早期発見、早期処置で完治が出来るのが大腸がんです。

Read More

ポリープ切除でがん予防

入院患者

昨今の消化器内科では大腸ポリープ日帰り切除が行われ、将来大腸がんに発展する可能性を未然に防ぐための医療が行われています。ポリープ発祥の原因ははっきりとは分かっておらず、遺伝子の異常によりこれを引き起こすことのみが明らかです。

Read More

一番は早期発見

腹痛

大腸がんの罹患者、死亡者数共に年々増加しています。他のがんと比べて比較的進行は遅めですが、初期症状が無い、或いは分かりづらいという特徴を持ち、早期発見は難しいですが、早期発見が出来れば、手術や治療がより有効に働くことが多いです。最近は定期検診を受けやすくなりましたので、積極的に活用していきましょう。

Read More

がんは生活習慣病のひとつ

病院

食生活と運動で予防できる

大腸がんにかかる人が増えていますが、その原因の1つは食生活の欧米化にあります。また運動不足と肥満も原因となっています。身体活動の活発な人が大腸がんにかかる割合は、全く運動しない人の半分だといわれています。屋内の運動よりも屋外で身体を動かして太陽の光に当たった方が、体内でビタミンDが合成されて大腸がんになりにくいのです。欧米化した食生活の改善も大事です。肉類中心から緑黄色野菜や魚を中心のメニューに変えると大腸がんの発症リスクを減らすことができます。野菜をたくさん食べる人が大腸がんにかかる割合は、全く食べない人の半分です。このように大腸がんを予防するためには、日常生活における食生活と運動に注意することが必要なのです。

内視鏡検査で早期発見する

大腸がんは早期発見すれば完治する病気になっています。そのため定期的に検診を受ける必要があります。検診の方法で人気があるのが内視鏡です。痛みがほとんどなく、小さなポリープを見つけることができます。悪性のポリープを放置しておくとガン化します。内視鏡で切除することができて負担がないのが人気の理由です。最近では2センチ以上のポリープも内視鏡で切除できるようになっており、また保険適用がきくので手術費用も安くなっています。内視鏡での切除をする時には大腸がんの治療実績のある病院やクリニックを選ぶことが必要です。ネットの口コミなどを見ると、人気のあるクリニックを見つけることができます。そのようなクリニックを見つけたらホームページを見れば、これまでの実績を確認することができます。